運命の人


『…………変わったのは、あなたの方です』

 そんな言葉を言う心算は、無かった。
 柏木楓は、公園のブランコに座ってボンヤリとしていた。
 夕方。学校の帰り道だ。
 夕涼みの風が、夏服の躰に心地良い。
 きい、
 きい、
 と、錆び付いた音をブランコがたてる。

『楓ちゃん…………、君は何も変わっていないよな?』

 朝、交わした言葉を思い出す。その時の耕一の瞳を、思い出す。
 悲しそうな、瞳。
 胸が、痛んだ。
 張り裂けそうだった。
 ――もし、
 もし、許されるなら。
 全てを、打ち明けてしまいたい。
 あの人の胸の中に、飛び込んで行きたい。
 力強い腕で、抱きしめて欲しかった。
 ――でも、
 それは、許されない事。


 耕一がやって来る、数日前。

『…………楓、ご免なさい』

 千鶴の言葉を、思い出す。

『でも、貴女が耕一さんに近付き過ぎれば、「鬼」が目覚めるかもしれない』

 姉の顔が、悲痛な表情を浮かべる。

『……もう、誰も失いたくないの』

 解っている。

『――ご免なさい』

 でも、…………私は。

 その夜。
 夢を見た。
 また、あの夢だ。
 幼い頃から、見る夢。
 目の前に優しく微笑む、青年がいる。
 しかし声は、聞こえない。
 青年が、手を伸ばす。
 楓も、手を伸ばす。
 しかし触れる事は、出来ない。
 楓は、叫んだ。
「愛している」と。
 叫んだ。
「抱きしめて」と。
 叫んだ。
「思い出して」と。

 ――目が覚めたとき。
 楓の瞳に涙が、溢れていた。
 夢の中の青年が、耕一だということは直ぐに解った。


 きい、
 きい、
 ブランコが、揺れる。
 夕日が足下に、濃い影を落とす。
 公園には、もう楓以外、誰もいなかった。
 その時……、
 にゃあ。
 鳴き声が聞こえた。
「……え?」
 楓は、足下に視線を落とす。
 にゃあ。
 猫がいた。
 ブラウンの毛をした子猫が、じっと楓を見つめていた。
 楓が手を差し出すと、子猫はそっと近寄ってくる。
 小さな子猫を楓は、胸元に抱き寄せた。
 子猫は、逃げようとしない。
 それどころか、楓の胸の中で、ゴロゴロと喉を鳴らしていた。
「……どうしたの?、はぐれたの?」
 とても優しい声で、楓は子猫の瞳を見つめる。
 ――私と、同じね。
 思いながら、楓は子猫の躰を撫でる。
 ――そう。
 楓も迷って、いた。
 耕一への、想い、に。
「…………耕一さん」
 呟きが、漏れる。
 どうして、思い出してしまったのだろう?
 ただ、辛くなるだけなのに。
 思い出さなければ、昔みたいに、笑えた筈だ。
 耕一の視線だって、辛くなかった。
 夜眠る度に、涙が溢れる事も。
 ――でも。
 思い出してしまった。
 気が付くと、楓は涙を流していた。
 にゃあ。
 胸元の子猫が、鳴く。
 顔を近付けて楓の涙を、舐めていた。
「…………ありがとう、優しいのね」
 にゃあ。
 子猫の返事に、楓の口元に微笑みが浮かぶ。
 その時、夕闇に声が聞こえた。
 その声に子猫が、気付く。
 子猫を呼ぶ声であった。
 にゃあ。
 子猫が心配そうに、楓を見つめる。
「私は大丈夫よ……、さっ、行きなさい」
 微笑んで、楓は子猫に話し掛ける。
 楓の腕から飛び降りた子猫は、何度も振り返りながら、声の方向へと走って
いく。
 子猫の姿が消えた後、楓はブランコからゆるりと、立ち上がった。
「……さっ、帰らなきゃ」
 そう言うと、楓は側に置いてあった鞄を取り上げ、ゆっくりと歩き出した。
 その顔には、何か清々しい表情が、あった。
「……いつか……きっと」
 耕一は、見付け出してくれる。
 楓は、信じていた。
 先刻の子猫の、様に。
 私を、見付けてくれる。
 それが何時になるのかは、解らない。
 もしかしたら、この現世では見付けて貰えないかもしれない。
 ――でも。
 きっと、見付けてくれる。
 探し出してくれる。
 約束したから。
 それは、絶対に変わる事の無い、『運命』だと。
 だから。
 …………いつか――きっと。


                               〈了〉

1998.1.18.UP


Back to NovelS

inserted by FC2 system